メノルカ島
先週末、スペインバレアレス諸島の一つであるメノルカ島へ行って来た。バレアレス諸島最大のマヨルカの3分の1以下の大きさらしいが、確かに町一つ一つは小さいが高速が無く移動に時間が掛かった為か想像以上に大きな島だと感じた。ここも夏に多くの人が訪れることで有名だ。因みに、メノルカ島は200年以上前にイギリスに占領されていたらしく、イギリス人がかなり多いので英語も通用すると言われたが、やはりメインはスペイン語だった。 

f0171157_1459373.jpg

こちらはシウタデジャというメノルカに2つある港の1つ。こちらの方がサイズは小さいが、風景は綺麗と評判らしい。


f0171157_19194776.jpg

港の周りの至るところに別荘が並んでいた。それぞれかなり大きく、庭には必ずプールがある。


f0171157_150950.jpg

左は最初に行ったビーチ。当初行く予定だったビーチは駐車場が満杯で入れず。


f0171157_1502843.jpg

小さなボートを使って釣りをしたりする人もいた。


f0171157_1512067.jpg

これは初日2つ目のビーチ。小さいビーチだが水も透き通っておりとても綺麗だった。ここは全裸の人が意外と多かったのに驚く。


f0171157_1515432.jpg

ここはメノルカにある遺跡の一つ。売りは“メノルカのストーンヘンジ”だが、実際のところストーンヘンジの10分の1の規模で、イギリス人に言ったら笑われそうだ。


f0171157_1523037.jpg

左は初日最後の海。ここはビーチではなく、綺麗な魚を見ようということで立ち寄った。岩の間は深さ5m以上あるので、子供達に混じって皆で飛び込みをやって楽しんだ。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-08-18 15:09 | MBA(夏休み)
<< メノルカ島(続) MBAと成績 >>