MBAとは
卒業式から10日経ち少し落ち着いてきたので、これまでの13ヶ月を振り返った感想を少し書きたいと思う。

MBAは本当に必要なのかどうか?」これは自分がずっと自問自答してきたことだ。そもそも何故このような疑問が起こるかというと、受験勉強時代から含めてやはり膨大な時間・費用が必要になるからだと思う。(社費でMBAへ参加される方は少し違うかも知れない。) そして、この質問に対する現在の私の回答は、“それは人それぞれ”だということ。(MBA的な回答It depends on…ですみません。) つまりそれぞれの目的によって大きく変ると思うのだ。経営能力を付けたい、英語で世界中の人達と議論したい、ネットワークを世界中に広げたい、過労続きでしばらく仕事から離れたい、もう一度学生生活を送りたい、転職用のステイタスとして・・・など色々と考えられる。

そもそもMBAは一つの学位であり資格的な要素はほとんどないので、MBAを持っていないと出来ないことなど何も無いはずだ。しかも、MBAは先に挙げたそれぞれの目的をクリアする為の一つの手段にはなり得るが、MBAでないと駄目な理由は一つもない。(MBA取得という経歴が欲しい人は別。) さらに、MBAで学べば経営者や管理者としての成功が約束されているわけでもない。我々が(少なくとも私が)MBAで学習したのは、経営能力全般を身に付ける為のほんの基礎の部分であり、初心者が少し学んだ程度ではその道の専門家(マーケティング、ファイナンス、ストラテジーなど)の足元にも及ばないのだろう。

それでも母国語ではない英語を駆使しながらのMBA生活をやり通せば、間違いなく辛抱強くはなるし、考える癖は身に付くようになると思う。更に、世界中から集まった(IE Business SchoolのDeanの最近のインタビューでは、延べ86ヶ国からの学生が集まっているとのこと。) 何らかの野心を持った仲間達と同じ空間で過ごすという経験。これは普段仕事をしていては中々味わえない体験になるはずだ。

私がMBAに本気で挑戦するきっかけになった言葉を紹介します。
以下、「AMO in CAMBRIDGE」のAMOさんのブログより抜粋。

Willingness to Take Risk

To laugh is to risk appearing a fool.
(笑うと、バカだと思われるリスクがある)

To weep is to risk appearing sentimental
(泣くとセンチメンタルだと思われるリスクがある)

To reach out for another is to risk involvement
(人にアプローチすると巻き込まれるリスクがある)

To expose your feeling is to risk rejection
(感情を見せると拒絶されるリスクがある)

To place your dreams before the crowd is to risk ridicule
(夢を語るとバカだと思われるリスクがある)

To love is to risk not being loved in return
(愛すると、見返りに愛してもらえないリスクがある)

To go forward in the face of overwhelming odd is to risk failure.
(変ったことをしようとすると失敗するリスクがある)

”But the risk should be taken, because ”

(しかしリスクは取るべきだ、何故なら)

Because THE GREATEST HARZARD IN LIFE IS RISK NOTHING.

(何故なら、人生において一番危険なことは、何もリスクを取らない事だからだ)

The person who risks nothing does nothing, has nothing, is nothing.

(リスクを取らない人は、何もしないし、何も持たないし、何者でもない)

He may avoid suffering and sorrow, but he cannot learn, feel, change, grow, or love.

(リスクを取らなければ、悲しむことも苦しむこともないだろう。ただし、それでは、学べない、感じる事が出来ない、変われない、成長できない、そして愛する事も出来ない)

Chained by his certitudes, he is a slave. He has forfeited his freedom.

(確実なことだけに縛られた、リスクを取らない人は奴隷と同じだ。自由を奪われたも同然だ)

Only a person who takes risk is free

(リスクを取る人だけが、『自由』を勝ち取る事が出来るのだ)
[PR]
by life-iedemadr | 2009-12-31 19:58 | その他
<< 閉幕 IE Business Sch... >>