甘い話にご用心
投資ブームにあやかり、架空の新規公開株情報や悪質なFX業者による不正勧誘などが後をたたない。それにしても、悪徳業者が投資会社「ワールドオーシャンファーム」のエビ養殖詐欺事件には正直驚いた。650億もの資金を4万人から集めたとか。黒岩容疑者の講演ビデオを見ていると「2円で仕入れたものが120円で売れる」とか「投資すれば1年で2倍になる」と言っていた。そもそも投資による儲けとはリスクの見返りであるはずで、最低でも2倍になる見込みがあるならば半分なくなるリスクと表裏一体のはず。日本の学校教育でもいよいよこういった資産管理の原理原則は真剣に取り込む必要があるのではないか。(まあ、今回のこの事件は投資と言うよりまさに詐欺ですが・・)それに、出資法では、“銀行などの金融機関が出資金額以上の金銭を支払うと明示して出資金を受け取ってはならない”となっていたと記憶しているが。10年物の国債が約1.8%である現在において、それ以上の金利商品は常にリスクの意識を持つことが大切であると痛感させられる。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-07-09 01:59 | 時事
<< MBAが会社を滅ぼす MBA受験の参考資料 >>