経営が見える会計
経営が見える会計を読んだ。著者は現役の公認会計士。基本4パターン(増収増益、増収減益、減収増益、減収減益)の中で、増収減益の会社が一番の問題児であり、決算書の数字からだけでは見えてこないものが多く含まれる、という所から本書はスタートする。経済成長を続けた時代は10戦して7勝3敗の時代、しかし、今は3勝7敗の時代。もっと厳しい時代かもしれない。そんな時代には、世間を気にした財務諸表作りに精を出すのではなく本業に回帰し、強い財務体制を作ることが必要だ。情報化時代の今では、これまでの物的設備やオートメーション向上による大量生産ビジネスとは産業構造が異なり、投資とリターンの関係性が極めて低い。これからはますます権利やノウハウの時代であるが、それは貸借対照表には反映されない。だからこそ貸借対照表を正しく読み下す必要があると纏められてあった。簿記で使うような細かな用語解説はないが、初めて財務諸表を見る人でも理解できるくらい、とても丁寧に分かりやすく書いてあった。会計の勉強をしたい人や株などに興味があって財務諸表を理解したい人には本当にお勧めの一冊。

確かによくいますね、売上やら計常利益、ましてや従業員数などをやたらと良く(多く)見せたがる経営者。そんな人の多くは、財務諸表の数字も(時には自分の会社の現状すら)あまり理解しないまま “良い格好”を演出して、最もらしいことを口にします。税理士だって監査役だって雇われの身だから、あえて“おかしい”などとは言えないし。結局は、これじゃ会社が良くならない・・・になってしまいます。

勉強になったのは、これまでずっと企業が使い続けてきた損益計算書(欠点:売れた分に対してのみ収益と費用を計算)、貸借対照表(欠点:下請け、孫受け会社の債務保証をしたなどのBSに表れないオフバランス負債がある)の欠点穴埋めとして、実際にどれだけの資金を投入したかを計るキャッシュフローの大切さ。昨今の金融機関破綻などに当てはめると、一度でも資金が凍りつき支払いや資金の引渡しが出来なくなった時点で会社は倒産してしまうのだから、お金の出入りは大切なのだろう。また、マクドナルド100円バーガー成功に見るコスト体制の話は面白かった。変動費(57.5円:材料費)の割合が低い場合、販売価格を低下させることにより売上倍増が期待できるのであれば固定費削減に繋がるので値下げ戦略が成功するそうだ。別の事例では、単年度赤字を判断(会社の状態)する場合、資本の部にある剰余金の金額と赤字額とを比較して10年程度で剰余金を食い尽くしてしまうようなら黄信号などである。具体例を使うことでより実践に即した会計を知ることが出来たと思う。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-10-02 01:41 |
<< プレミアム? スペイン語コース後半戦 >>