カテゴリ:未分類( 3 )
振り出し
第1・2タームを通して続いたEntrepreneurial managementの授業の仕上げとして、来週に各グループによるビジネスプランのプレゼンテーションがある。どこのチームも最後の纏めの段階に入っており、我々も今日は担当教授との4回目の打ち合わせ

我々のグループは、当初から変更はなくコロンビアでの森林開発事業。このビジネス自体はとてもシンプル(土地購入→森林開発→炭素税などの権利を販売→木材を販売)で、実際にグループメンバーの一人が実家のコロンビアで同じような仕事を既に始めている。シンプルが故に、これまでのプレゼンやレポートでは情報集めに予想以上に時間を費やしたこともあったが、この課題はかなり堅い(評価が高い)と思っていた。今日は、プレゼンと合わせて提出することになっているレポート(ビジネスプラン)の確認が主な課題だった。

メンバー全員がリラックスした様子で打ち合わせに向かったのだが、教授からは驚愕の言葉が・・・「時間の関係、不公平になるという理由で私は通常は各グループのビジネスプランには目を通さない。今回は、メールにあった質問の内容が数字に関するものだったので、偶然君たちのレポートを読み始めた。我々の仲の良い関係もこれまでかもしれない。もしも、これが最終レポートとして提出されていたら、私は間違いなく君たちにC+(最低評価)をつける。もしかしたら、F(こりゃ落第だよ)をつけてたかもしれない。」代表のコロンビア人が「我々のレポート構成や内容が正しいのかどうかを確認する為にこのレポートを送りました」と反論したが、教授は「君たちは自分が何(製品)を売ろうとしてるのか分かっているのか?製品説明(木材)の所は、ウィッキペディアからのコピーか?このプロジェクトはそんなことをするものではない。MBAが6人も居て、4ヶ月もの時間を使ってこのレポートが最後の仕上げなのか?この程度のレポートを読んでくれと言うこと自体も間違っている。」と言いながら、我々のレポートをゴミ箱へ入れてしまった。他の内容も見て欲しいとお願いしたが、“製品の理解も出来てないのに、他を読んでも無駄だ”と言って、相手にしてくれなかった。とりあえず、木曜日にもう一度ミーティングの時間を作っては貰ったが。

ビックリした我々は、それから急いで学校近くのコーヒーショップで2時間以上のミーティング。このグループは、これまで何も問題はなかったのだが、さすがにコロンビア人と“製品”の説明を担当していたインド人とで険悪なムードに。ただ、色々と話をした結果、“インターネットからの情報は使っているが、それを丸写ししたりはしていない”とのことで、とりあえず一見落着。「リサーチは行っていたが、まだまだリサーチが足りなかった」と、皆は前向きな意見。私は、ほんと彼らはいい人だなあと関心した。私が責任者ならもう少し担当の責任と作業内容を追及するが・・マーケティングのプレゼンとこのアントレの作業は3人ずつ振り分けていたのだが、とりあえずは木曜日の教授とのミーティングへ向けて今日から全員でこの作業に取り掛かることに。まだまだ、肉付けやリサーチが必要な感じで、この作業を予期していなかった私は寝れない日が続きそうだ。。。

教授の部屋のホワイトボードに走り書きされていた言葉。
This is not the end. This is not the beginning of the end.
But perhaps, this is the end of the beginning.

誰かの名言なのだろうが、最初は“とんち”?と思いつつも、なぜか印象に残った言葉だった。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-03-24 10:20
Career Design Seminar
本日AXIOMの海外MBA合格者向けCareerDesignSeminarに参加。
代表の渡邊氏によるセミナーであったが、期待以上に収穫の多いものだった。

過去30年間のMBA留学生の推移やキャリア志向の変遷など、MBAホルダー達に近い立場で就職斡旋を行ってこられた方ならではの生きた話である。
留学前から就職の話は早いと思う方もいるだろうが、やはり成功者と言うのは早い段階から現実を捉えつつ自分の目標に向かっているものだと考えさせられた。

MBA学生の過渡期と言われた年代もあったようだが、2005年以降MBAの需要はまた徐々に高くなっているようでこの道を選んで良かったと思えた事も今日の収穫だった。

一番印象に残った言葉は「あなた方は普通の大学院生になるのではなく、プロフェッショナルスクールへ通うのだ」といわれた事。日本MBAは少し方向性が違うようだが、欧米のMBAではやはり企業ニーズに合わせたプロを作り出す場であり、授業を聞いて知識を得るように学びに行っている感覚では全く通用せず、自分で動き自分の頭を使えと言われた。
MBA受験でも相当苦労したが、MBA生活自体はその比ではないと、改めて気合を注入された気がした。

給料を本気でこれまでの80倍にするつもりで来ている学生達に混じり、良い成績を取るのは至難の業だがチャレンジしたいと思う。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-05-24 21:03
今日から俺は
2008年9月からMBAプログラムに参加することになりました。これまで色々とありましたが、記録として少しずつ書き綴って行こうと思います。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-05-20 16:02