カテゴリ:MBA 1st Term( 61 )
早めの晩餐会
今日はMBA生活最初の3ヶ月間を共に過ごしたグループメンバーと慰労会。やっとお互いの性格などが分かり始め、親交も深まってきたところでの解散なので、やや複雑な状況。それでも、何かの運で一緒に作業することになり、苦楽を共にしたメンバーはどこか特別な思い入れがあり、中には一生の友となりそうな人もいる。


f0171157_775257.jpg今回、私は日本人ということでスシを提供することになった。(こちらの人は、日本人ならみんな握りずしを作れると思っている。) とりあえず、IEの先輩に教えてもらったレシピを駆使しながら、何とか完成。サーモンとマグロを近くのマーケットで購入し、寿司の酢をご飯にまぶじてから握り、巻き寿司を作っただけだが・・・


f0171157_781920.jpg一度練習しただけで、他人に寿司をふるまうのは初めてだったが、みんな「美味しい」と言ってくれたのでまずは一安心。それにしても、これだけの多国籍軍の集まりとなると、魚を食べれない人やベジタリアンなどがいて、困惑させられたりもする。明日は全員が”腹痛”を起こさず学校に来ることを祈る!


f0171157_783299.jpg

酒も入った席なので、普段は口にしない話や、新しいグループメンバー、教授などの話で盛り上がった。さて、明日から第2ターム開始だ。気を引き締めて行こうと思う。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-23 07:16 | MBA 1st Term
新グループ
いよいよ第2タームの新グループが発表になった。今回は、アメリカ、ドイツ、スペイン、ナイジェリア、ベネズエラ、日本の6名構成。

既に1タームを終えて、それぞれの仕事ぶりや評判など、情報が色々と飛び交っているので最初の時とはフレッシュさが少し違う。どこのクラスでも“ラッキー”“アンラッキー”という声が聞こえていた。

我々のグループは、可も無く不可も無くといったところだろうか。正直、グループの仕事を全くしないと噂される人もメンバーに入っているが、最初はあまり先入観を持たず接していきたいと思う。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-21 09:07 | MBA 1st Term
最終レポート
本日朝9時に提出予定のレポート。思っていたよりも苦戦してしまい(皆もそんなに力を入れてやっているわけではないということもあるが・・)、終了したのは深夜過ぎ。何とか体裁だけは整えて提出が出来た。

“Making Change Happen”の一週間、あまり気分転換にはならなかったが、得られたものも多少はあったように思う。違うクラスメートとグループを組んで何かをやるのもいいもんだ。今日は授業終了後はメンバーとビールでも飲みに行く予定だ。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-20 19:37 | MBA 1st Term
学校での話題
最近の学校での話題は、次のタームで誰と同じグループになるか成績の話がかなりを占めている。番外編としてよく聞かれたのが、日本のあの大臣(中川氏)は飛行機で一睡もしてないのか?それとも酔っ払ってるのか?G7を舐めてるのか?こちらスペインでも大抵の人はあの記者会見を映像で見ているようだ・・・

先ほどキャンパスオンラインを覗いたら、ちらほら成績が出始めているようだ。そして、スケジュールを見ると、グループワークの所にDという文字が。つまり、私は第2タームはDグループになった模様。因みに、クラス全体のグループ分けはまだ正式に発表されていないので、誰が一緒かはまだ不明です。明日は学校で「誰がAだ、Dだ・・」という話が飛び交うでしょう。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-19 08:58 | MBA 1st Term
Making Change Happen
第2ターム開始前の今週1週間は、”Make change happen”というソフトスキルに関する授業がぶっ通しで行われる。第1ターム開始前のLaunch Program時と同様のセクション(通常のクラスとは異なり、ガンジー、ピカソ・・・など、各分野の革命児の名前を付けたクラスに分けられている)で授業は行われる。因みに、私のクラスは“モンテソッリ”。(知的障害児や貧しい子供達に対して教育方法を確立した医者で、教育者として著名なイタリア人らしい。)

授業は5人の教授がそれぞれ違ったモジュール(機能や基準)を使ってあるケースを分析するというもの。最終日の金曜日には、グループでレポートを提出し、その後クラス内でポイントなどを議論するそうだ。

ちょっと変わっているのが、ターム間の中だるみ防止の為なのか、グループメンバーを評価するようになっており、グループに貢献していないと判断された人は実際に教授からの評価が下がる仕組みになっている。我々のクラスは最初の3日間で120ページほど読まないといけないので、あんまり気を抜くわけにもいかなそうだ・・・


f0171157_9485462.jpg今日はとりあえず試験終了の打ち上げ?ということで、クラスメイトの中国人の招集で中華料理屋へホットポット(鍋料理)を食べに行ってきた。アルコールはそんなに頼まなかったが、お腹一杯に食べて1人13ユーロはかなり安い。鍋の中は激辛と普通のものとに分けられていたが、激辛の方は色も凄い。


f0171157_9494775.jpg
1時頃に解散して、半数近くは2次会へ繰り出していった。私はケースを読まないといけないので、先ほど帰宅。。どんなに夜更かしして飲み明かしても翌日は朝から学校に来る(当たり前だが・・)のだから、彼らも大したものだと思った。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-17 09:57 | MBA 1st Term
コーチングセッション
金曜日のテスト終了後、グループでOB(組織行動学)の教授と一緒にコーチングをやることに。第二タームからはこれまでのグループは解散となり、また新たなグループでの作業となる。(第一タームから引き続く課題(2つ)だけはこれまでと同じグループで行う。) その前に各自でフィードバックを行い、次に生かそうという試みだ。

OBの授業ではあまり詳しくコーチングについて触れなかったので、希望する人(グループ)は教授が指導してくれるとのことだった。各自準備したものはグループメンバーの長所と短所を纏めた紙。個人的には、長所を複数で言い合うのは構わないが、短所となると言い辛いし、短所を言われる側も個人的に話をされた方がいいのでは?と提案。同じグループのブラジル人も自分と同じ意見だったようだが、とりあえず教授とアポをとり、コーチングすることに。

教授は我々の今回のコーチングに対する考え方を一通り聞いた後で、「コーチング(特に弱点を言い合う)は非常に難しい。グループ全体で議論する場合は、個人の話ではなくグループとして何が未達成だったのか。何を改善できたか、すべきだったか?を中心に話をした方がいい」とのコメント。特に我々のグループは、他のクラスメートから“プレゼンテーションなどを見ても、グループメンバーが仲良くやっているのが一目瞭然”と言われるくらい、何の衝突も無くお互いが夫々を尊重して上手くやっている。「だから、グループとしての成果を追求した方がいいのではないか?」と言われた。「もしも短所を追求する場合、1対1で行う方がいい。また、本人が本当にそれを聞きたいのかどうか、そして、短所を言う人間が本当に適切な立場なのかどうかを考えないといけない。」

f0171157_3512174.jpg我々は意外と簡単に考えていたのだが、実際にはコーチングをやりたいメンバーとあまり乗り気ではないメンバーとがいるようだったので、結局また時間を作って仕切りなおしすることになった。正直に語り合うことは大切だが、相手を傷つけないようにするのはやはり難しい。左は、コーチング終了後のグループメンバーとの写真。


下は、教授紹介。
OB(組織行動学) アンドレアス教授
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-16 03:54 | MBA 1st Term
1st ターム終了
先ほど、Economics(経済学)の試験を最後に第一タームが終了。

今年に入ってから本当に長く感じたが、いつも心に「止まない雨は無い・・」と言い聞かせてなんとか乗り越えた。

感想や反省はまた改めて書くとして、とりあえず無事に?終えてホッとしています。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-13 21:42 | MBA 1st Term
徹夜・・
今日は昼食後、ずっと学校に残って明日のInformation Systemsのプレゼンの準備。最近は学校は2時まで開いているのだが、それでも終わらず。現在はスカイプを使ってグループメイトと議論している。今日は徹夜になりそうだ。。(明日は試験が無いので助かった・・)

明日のプレゼンは与えられたテーマ(我々はMobile Technology)に対して、各グループでキャンパスオンライン上にWikiを作成し、それを発表するというもの。数分前から学校のシステムトラブルのためか、キャンパスオンラインの調子が悪く、Wikiにアクセス出来ない・・・かなりまずい状況だ。

メールサーバーダウンなどもたまに起こるので、早急なITインフラの強化を強く望む。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-12 11:59 | MBA 1st Term
試験真最中
まだまだ試験は続いていますが、周りの様子を見ると意外と苦戦しているようなので、結果はあまり気にしないようにしています。今期も残すは、グループ課題と試験2つのみ。

明日は、点数の差が一番開きそうなFinancial Accountingの試験。まだまだ覚えることは山ほどあるが、明日の試験に備えます。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-11 07:51 | MBA 1st Term
試験週間
いよいよ明日から試験週間に突入だが・・・完全にやり遅れている。(サボってるわけでは決してないのが辛い・・) 今は木曜日に予定されているプレゼンの準備で悪戦苦闘中。

相方のインド人の娘も、「試験は半分諦めたので、プレゼンの方は私が準備やるから試験勉強したら?」と言ってくれたが、そこで「はい、ありがとう」とは言えず・・(当たり前!これはグループワーク(共同責任)です。)

まさか、こんな状態で試験を迎えることになるとは・・・とりあえず、頑張ってきます。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-02-09 09:03 | MBA 1st Term