カテゴリ:時事( 7 )
Windows 7
日本でもいよいよWindows 7が発売になるようだ。Vistaの評判はどの世界でも悪いようで、マイクロソフトとしても即応せざるを得なかったのだろう。未だにXPを使っている私にとって、この新OXはとても興味深く待ち遠しかった。

しかも基本的に全てにおいてVistaよりも優れているとの事で、Vistaで問題だったスピードもかなり改善され軽くなっているようだ。しかし、ベータ版のテスト結果などを見ていると、起動や終了速度に関してはやはりXP > 7 > Vistaとなる模様。つまり、XP利用を続ける場合、今後の心配事と言えばセキュリティ問題程度なのだろうか。

Windows 7の特徴であるが、セキュリティなどの向上は勿論のこと、上位モデルのOS(Professional, Ultimate)はXPモードでの利用が可能になっていて、Vista移行に難色を示していたXPユーザーが嫌う互換性問題をかなり減らせるようだ。因みに、XPからアップグレードする場合はクリーンインストールが必要らしいが、PCを買い替えの場合は問題ないだろう。そしてVistaからの更なる改良点として、ユーザーアンフレンドリーだったインターフェース(ウィンドウ整理や終了画面など)や実行ファイル実行の度に現れる管理者確認画面など。

先日も実家のパソコン(Vista)が突然インターネットに繋がらなくなったということで、こちらから指示を出しながら2時間くらい作業したが未だ繋がっていない。これまであまりパソコンでトラブルなど無かったのだが、このVistaパソコンは今回で2回目のトラブル。メーカーは、6月26日以降購入したVista内臓パソコンに対してはアップグレード版を優待価格で提供(ほとんどは3,000円)するそうだが、正直Vistaモデル全商品に特別価格で提供すべきだと思う。

いずれにせよ、今回の新OSのパフォーマンスは今後のWindowsユーザー数の増減に大きく影響することだろう。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-10-21 05:00 | 時事
爆弾テロ
昨日の昼過ぎにスペインのマヨルカ島で警察車両に仕掛けられた爆弾が爆発する事件が勃発した。これにより警察官2名が死亡、一人は警察官になってからまだ1年の若者とのこと。

知人などから聞く限りでは、「バスク地方の独立分離を狙うE.T.A.という組織による犯行」らしく、世界規模のテロではないそうで、既に容疑者6名が指名手配されている。このマヨルカ島は欧州内では夏のバカンス地として有名で、8月にはスペイン皇太子家族がいつも訪れている。ここ15年以上も爆弾テロなど起こっていなかっただけに非常に残念だ。

しかも、先日IEの日本人同期の人達と一緒に行ったビーチ(パルマノバ)からほんの数キロ離れた現場での出来事だけに他人事ではない。周辺は警察車両や検問などが続けられているようだったが、街の方は大した混乱も無く普段通りの生活を送っている。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-08-01 08:17 | 時事
豚インフルエンザ
ブログ更新が少し遅れていたが、先週末からプレゼン、結婚式参加などバタバタしている間にもう第二タームの試験週間に突入。

日本からも注意勧告メールを貰ったが、こちらでも豚インフルエンの話題が徐々に盛り上がってきているようだ。スペインの会社でも①メキシコに旅行しない②ここ1ヶ月の間にメキシコ・アメリカに旅行した人と接さない、などの通知が流れているところもあるようだ。少し過剰反応との声も聞こえるが、実際にクラスのメキシコ人の家族は感染確率の高いメキシコの実家から少し離れた親戚の家へ移動して様子を見ているらしい。

我々のクラスにはメキシコ人が6人いるが、幸いにもイースター休みでメキシコに帰った人はおらず。。とりあえず、用心するに越したことはないので気をつけます。因みに、既にスペインでは1名感染が確認されているようだ。
[PR]
by life-iedemadr | 2009-04-29 03:32 | 時事
原油価格・・・
原油先物相場もついに40ドル/バレルまで急落。これは4年ぶりのことらしい。去年の今頃は専門家の間でも200ドルを越えるという人も少なくなかったが、その頃からこの価格の押し上げは投機目的で実物経済のみで考えると35ドル前後が妥当だと言われていた。原油価格の高騰を反映して、ガソリン価格、ガス・電気代、バター類、木材などの値上げラッシュが続いたのが嘘のようだ。一時はリッター185円を記録したレギュラーガソリンも既に120円を切っている。これも一種のバブルだったのだろうか?「土地は上がり続ける・・・資源価格は上がり続ける・・・」などと噂が噂を呼び、このインターネット社会にあってそのスピードは加速度的に増す。一人が「これは行きすぎだ・・・」と言うと、右へ習えで皆が手を引き始める。

インターネットブームの最中2000年に米国で起きたドットコムクラッシュに関するケースを読んでいて、いつの時代もバブルはやって来て必ず崩壊するものだとつくづく思った。財務会計の授業なので、投資銀行、ベンチャーキャピタル、財務担当者、公認会計士、投資家などを中心に話しが進むようだが、「誰に責任があったのか?」「規制手段はあるのか?」に関する議論はとても興味があり楽しみだ。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-11 10:10 | 時事
融資要請の裏側
GMなど米国大手3社のCEOが米議会で2兆4千億円の緊急融資が必要と発言。GMのワゴナー氏は「業界が破綻したら300万人の雇用が失われ、経済全体へ波及する。」と議会で訴えたようだ。各社とも赤字体質からの脱却案を示したそうだが、去年も業績がパッとしなかったGM。ワゴナー氏の報酬はそれでも14億円。役員報酬9割カットすればどれだけの人が助かるのかと考えると、何とも勝手な発言のような気がしてならない。ともかく米経済はこれからデフレ脱却とリセッション対応となり、年内に金利も一段と下がる可能性が高い。そうなると、米ドルはますます売りが進み、80円台も見え始めそうだ。

今日はGlobal Warming(地球温暖化)の授業。京都議定書(1990年度をベースに6%の炭素排出量を減らすという決め事。欧州などでは共同達成が認められている)や、Clean development Mechanism(先進国が発展途上国内でソーラーエナジーや風力発電を提供し、温室効果ガス削減の手助けの代わりとして削減された分の炭素クレジットをがもらう仕組み)を守ることの重要性が説かれた。とてもホットな話題だし、同じクラスにも環境問題やエネルギー分野に従事している学生が何人かいるのでとても刺激になった。

サマータイム導入によるスペインの各家庭のコスト削減はわずか数百円(半年で)らしいが、無駄な電気や暖房を使わない努力も必要だと思う。学校でも会社でもよく見られるが、誰もいない部屋に赤々と電気が付いていたり、夏はジャンパーを着込む必要があるほど寒い会議室、冬は半袖になる必要があるほど暑い教室など。これらをコントロールするだけでも、かなりの削減になると思うが。そうなるとやはり超高感度センサーの出番だろうか。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-11-21 08:01 | 時事
首相辞任
日本ではいつの間にか首相が辞任することに・・・候補者の名前を見ても???のつく方が多いが。果たしてどうなっていくのだろうか。
それに関連して「例え政権が変わったとしても頼りない民主党が与党になっても全く意味がない・・・」との記事を読んだが、これには疑問を覚えた。確かに民主党も自民党の揚げ足取りばかりだし、彼らのポリシーが見えない。ただ、それでもやはり政権交代は必要ではないのだろうか。(民主党の回し者ではありませんよ。)

政権が交代すると過去の与党にぶら下がって居たものももう一度見直されることになる。そして、民主党が良ければそのまま続行してもらって良いし、もし駄目な場合でも、もう一度政権を取る為に自民党が今まで以上に国民の為に努力する。つまり政権が変わることで競争の原理が働くし、変なぶら下がりも一度ご破算になる。(新しいぶら下がりが出来ても仕方ないのです。それでも政権を新しく勝ち取るということは今まで以上に国民から認められる(国民の政治家への期待が大きい)ことを表すから。)

数十年間も政権が変わらない先進国は日本だけだと聞くし、日本を離れると日本のサービスや技術力の高さなど日本の良さが本当によく分かるので、この先もこれまで通り海外で”日本人”ということに誇りを持てるような国になってもらいたいと思います。
日本に居る時は日本の問題点ばかりが目に付いていたが、異国の地ではやはりそこの問題点をかなり耳にするので、大なり小なりどこも一緒のなのかなと思ったりもしていますが。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-09-18 16:25 | 時事
甘い話にご用心
投資ブームにあやかり、架空の新規公開株情報や悪質なFX業者による不正勧誘などが後をたたない。それにしても、悪徳業者が投資会社「ワールドオーシャンファーム」のエビ養殖詐欺事件には正直驚いた。650億もの資金を4万人から集めたとか。黒岩容疑者の講演ビデオを見ていると「2円で仕入れたものが120円で売れる」とか「投資すれば1年で2倍になる」と言っていた。そもそも投資による儲けとはリスクの見返りであるはずで、最低でも2倍になる見込みがあるならば半分なくなるリスクと表裏一体のはず。日本の学校教育でもいよいよこういった資産管理の原理原則は真剣に取り込む必要があるのではないか。(まあ、今回のこの事件は投資と言うよりまさに詐欺ですが・・)それに、出資法では、“銀行などの金融機関が出資金額以上の金銭を支払うと明示して出資金を受け取ってはならない”となっていたと記憶しているが。10年物の国債が約1.8%である現在において、それ以上の金利商品は常にリスクの意識を持つことが大切であると痛感させられる。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-07-09 01:59 | 時事