<   2008年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
反省会
今年も残りあと僅か。マドリッド入りしてからの反省点と来年への抱負を少し考えた。

・体調管理
反省の大一番はやはり体調管理。学校が始まってから体調不良の日が多く、万全の状態で何事にも望めなかった。これほど健康が大切だと感じたことは今までにない。休む時と働く時のメリハリをしっかりとつけ、来年は常に健康を維持したいと思う。

・授業やグループワークでの発言
発言に関しては、“くだらない意見は言いたくない”とか、“自己主張ばかりしてもチームが纏まらない”などと考えてしまい、意見がどうしても保守的になってしまった。少しクラスを掻き乱す?程度に騒がしく積極的にいった方が得るものが多いのかもしれない。(どちら側の意見にしも、現実の世界で使えないなら意味はないが・・・)これに関しては、まだ検討中です。

・フレームワーク
MBA留学の目的の一つは、フレームワークを出来るだけ多く身につけ、可能な限りシステマティックに判断することで効率的に無駄な選択肢を排除できるようになること。今のところ、体系だったものは身に付いておらず、まだまだ手探り状態での判断が続いている。もう少し個人的に踏み込んだアプローチを行う必要がある。

・予習のペース配分ミス
ダラダラと予習に時間をかけてしまったことも反省点の一つ。時間的制約がある中で予習をこなす必要があるので、リーディングのスピードを上げるとともに、時間を区切ってその時間内で予習を終わらせるように工夫が必要。

・学外でのネットワーク形成
今は外(日本以外)の世界を見るいいチャンスなので、外部とのネットワーク作りの時間ももう少し作りたい。卒業生の話を聞いたり、実際に会社訪問させてもらうなど。もっともっと色々なものを見て刺激を受ける必要がある。

・ゴールの設定
自分が本当に得たいもの・必要なものを一つ選ぼう(ゴールからの発想)、とずっと考えていたが未だに纏まらないままでいる。留学前は、学生の身分として海外で勉強出来るし、あれもこれも得たいと思っていた。でも実際は時間に限りがあり、どれも手付かずになる可能性が高いと実感している。来年はいよいよ加速する必要があるので、しっかりと目標を持ちそこへ向かって走って行きたいと思う。

総括として・・・事前に調査もしてある程度のイメージを持ってMBAに望んだつもりだったが、そのイメージと現実にはやはりギャップがあった。前半戦はそのギャップを否定的に捕らえてしまった部分が多く、自分で何か変化を起こしたいと思いつつも、いつも時間に追われストレスが溜まる毎日が続いた。今後は、上に書いた反省点をふまえ、先輩方から頂いたアドバイスも参考に、自分の目標へ向けクリティカルに進めたらと思う。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-31 03:53 | MBA 1st Term
テレフォニカの請求
先月初めに開通したインターネットだが、数日前にプロバイダからの請求書が届いていた。インターネット25ユーロ、電話回線使用料14ユーロで合計39ユーロ、これに税金をプラスして合計45ユーロの計算だった。ところが請求書を見てみると、60ユーロ近い金額が書かれてあった。なんだか怪しい匂いがする。私が利用しているテレフォニカは、スペイン最大手の電話会社だが、広告に掲載された費用と実際の請求金額があまりにも違い過ぎ、解約したというスペイン人を既に2人も知っている。

私の場合は大した金額のズレではないが、大手だからと安心できないので確認することにした。回答内容は「請求金額は正しい。テレフォニカでは電話料金は1ヶ月の前払い制となっており、契約初回月は2か月分の電話料金の請求が行われる。」というもの。つまり、インターネット25ユーロ、電話回線使用料14×2ユーロ。確かにこれなら、請求金額が正しいのもうなずけるが、何故に電話回線使用料だけが1ヶ月前倒しなのだろうか。

ガスも電気も水道も基本料金含めて請求は後払いだし、管理人によっては前の住人の使用分も含めてそのまま次の新しい住人に請求することもあるそうだが。(スペインでは電気・ガス・水道は2カ月毎の請求の為) 携帯電話でプリペイドカードを利用する場合を除けば、たとえ通話料固定サービスを利用したとしても料金は後払いのはずだし。まあ、とりあえずは従うしかないので納得することにした。ただ、今度は・・・解約する際にきちんと前倒し分の電話使用料が返ってくるのかどうかが気になり始めた・・・(笑)

日本では、昨日・今日が仕事納めだと思います。今年はあまり明るいニュースがなく、厳しい年でしたが、休み中に今年の疲れをゆっくり癒して下さい。一年間お疲れ様でした。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-30 04:02 | その他
休み中の課題・・・
エクセルは常日頃から便利だと思って使っていたが、まだまだ使いこなせていない機能が山ほどあり驚かされる。

例えば、PMTという関数。借入金をある期間内に返済する為の返済額などが簡単に求められる。他には、ゴールシークというツール。ある基準(例えば、卒業に必要な平均評定)に達する為には、残りどのような成績を取らないといけないかなどが分かる。これは、計算結果を求めるのではなく、逆算しながら一次方程式を解く感じに似ているが、使うと結構便利である。

そして、定量分析の授業でもお馴染みのソルバー。これは、決められた条件の中で複数の値を変化させて条件に合う最適値を求めてくれる。一つだけではなく、複数の目標を同時に満足させたい場合にとても有効だ。そしてこのソルバーという機能、単に最適値を求めるだけでなく、シャドウプライス(他の値や限界値の変化が全体に与える影響度)を使った利益戦略も可能にしてくれる。

このソルバーを使って解くグループレポートが休み明けの課題提出の一つになっているのだが、ここ一週間グループの仲間とメールやスカイプでやり取りしながら四苦八苦している。未だに思ったような解答が得られない。課題は「工場2ヶ所、貯蔵所4ヶ所、クライアント6ヶ所があって、工場では製品製造と販売、貯蔵所では製品の受入と販売のみを行う。この場合、コストを一番安くする販売ルートを求めよ」というもの。販売ルートは工場から直接の場合と、工場から貯蔵所を経由してクライアントへ行く場合の2パターンがある。当然、各ルートによって輸送コストが違うし、工場の製造能力や貯蔵所の受け入れ能力、クライアントの需要量など条件がある。また、面倒なのはクライアントによっては、どこから製品を受け入れたいのかの指名もあるので、それらの条件を全て満たしながら解く必要がある。ある程度の解答までは辿りつけていると思っているが、シャドウプライスを分析するところで何故かつじつまの合わない結果が出ており頭を捻っている。年内には解決したいのだが・・・
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-29 11:36 | MBA 1st Term
デジカメの値段
こっちで日本との値段の違いにビックリするものの一つにデジカメがある。日本だと、最新モデルでも3ヶ月も経つと値段が3割~4割近く落ちるし、ヤマダ電機やヨドバシカメラなど量販店での特売も期待できる。一方、こちらは量販店でも格段に値段が安いわけではないし量販店の数も少ない。キャノン、パナソニック、カシオなど日本製のデジカメをザーッと見たところ、日本の量販店の2倍、最新機種は3倍以上の値段で販売されている。外国人が東京へ来ると秋葉原へ電気製品(カメラ)を買いに行く光景をよく見かけるのも納得する。

以外にも日本製プリンター(キャノン、エプソン)やポータブルハードディスクなどは、日本よりも若干高い程度の値段だ。パソコンにしても、2倍も高いということはない。これらの値段の違いは、日本製の代替品があるかないかに依存しているのだろうか?それとも関税だけの影響なのか。欧州では非常に高価なデジカメだが、確かにこちらでも周りの人ほぼ全員が日本製のものを使っている。(他国製に比べ、性能がいいとは思うが、デジカメだけが性能がずば抜けているとは思えない・・)一方で、プリンターはHPもあるし、パソコンはデルやHPも多くの人が使っている。電化製品というと、何でも日本が一番安いイメージがあったが、先ほどデパートに行った際にプラプラと電化製品を眺めながら、実際にデジカメ以外はそうでもないことを認識した。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-28 09:00 | その他
クリスマスパーティー2
今日は、クリスマスパーティーの第2弾。親族34名が揃うというパーティーに参加させてもらった。


f0171157_9512550.jpg

こちらは最初に案内された部屋だが、コートやら荷物を置いておく部屋らしいです。ここだけでも30畳くらいあるでしょうか。



f0171157_9382068.jpg

最初に案内された部屋から隣の部屋を写した様子。この部屋は、普段はリビングとして使っているようです。




f0171157_939027.jpg

玄関を登って入った部屋にテーブルがセッティングされてありましたが、周りを見渡すと協会?かと思うほどの広さです。30人以上が一斉に食事が出来るスペースがあるだけでも凄い。因みにこの家は5人家族が暮らしているそうだが、部屋数は全部で10以上ありました。



f0171157_9393392.jpg

こちらは、スターターのおつまみ。この日はウェイターが2人雇われて、忙しそうに走り回っていました。



f0171157_9401029.jpg

最後は、民謡などの歌を皆で合唱。私も歌えといわれましたが、聞いたことのない曲ばかりなので手を叩く程度しか出来ませんでした。

その後、若い組?(30代以下)はプレステ2を使ったカラオケ大会、家の中に置いてある卓球台で卓球のトーナメントを楽しみました。何ともビックリするような家でしたが、現実をすっかり忘れてしまうくらい楽しい時間を過ごせました。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-27 10:02 | その他
メリークリスマス
今日25日はスペインはクリスマス。スペイン全土が休日です。カタルーニャ地方では、今日に続いて明日も祝日(セカンドパーティーと呼んでいるようですが・・)のようです。こちらでは、クリスマスは伝統的な料理を家族揃って食べるということで、私もご馳走になってきました。


f0171157_831589.jpg
左はスターターが出てくるまでの間のおつまみハモンイベリコ。お土産に貰ったそうですが、金額はなんと300ユーロ (4万5千円)はするそうです。少し脂身が多いと言っていましたが、口の中で蕩ける感じも、脂身も最高でした。



f0171157_85347.jpg

最初は、魚介のスープ。その他、豚の肝やオリーブも入っていましたが、以外にあっさりして美味しかったです。



f0171157_86520.jpg

左がメインディッシュの豚のオーブン焼き、これで総勢14名分でした。これにマッシュポテトが付いて出てきました。味はどちらかと言うと大味でした。



f0171157_875952.jpg

こちらもなんだか見たことあるような・・そうです、豚の頭。ちょっとグロテスクですが、皮の部分だけを食べるようです。



スペインのクリスマスは初めてでしたが、料理とホストファミリーからのプレゼントを除けば、いつものホームパーティーとあまり変わりませんでした。こちらの人は、クリスマスを祝うと言うよりも、年に一度家族が全員揃うことを祝っている(小さい子供がいないということもあると思う。)ようでした。日本の皆さんも良いクリスマスが迎えられたことを祈ります。メリークリスマス!!
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-26 08:13 | その他
IT関連の授業
ITなどの情報技術は、流行り廃りのサイクルが早過ぎて学校の授業で勉強しても意味がないと思っていたが、うちの学校の教授(特に情報システム系)は、有名ブロガーや大手企業からの依頼で顧客の趣向調査やブログの研究を行っている人がいるので、トラッキング技術(どんな人がどのようなサイトにアクセスしているか)や各企業内のクレームデータの処理方法など最新の話を聞くことができる

エンリケというブロガーとしても有名な教授は、デルコンピュータで購入したパソコンが2度とも不良だったことをブログで発表。デルは、それまでにも他の有名ブロガーによってクレーム処理の悪さを露呈され、売上が大きく落ちたことがあった。それらの反省からか、エンリケのブログでの公表を重く受け止めたデルは、アメリカで開催されたパソコンの式典にこの教授を招待することになる。彼は授業でも、企業が自らの評判を考える際にブログは避けては通れない、とブログが世間に与える影響の強さを訴えています。(彼はその式典で、ビルゲイツとのツーショット写真まで撮って来ていました。)

もう一人、私のお気に入りの教授の一人は、実際に企業への情報提供やデータ解析を行っており、企業がどのようにデータ収集を行っているのかを裏側から教えてくれる。アマゾンやグーグルでは、顧客が何を検索し、何をクリックし、何を購入したか、など全ての情報を網羅しているそうだ。メタサーチやますます進化するグーグル検索などは正に目から鱗の授業内容だった。また、フリーメールなどでは、文章に書かれてあるキーワードを判断して広告を出すサービスなど、当然のように行われており、データのストックも行われているようだ。その他、ライバル会社のホームページ分析による検索ヒット率の向上や、各企業が公表しているブログや顧客の声などを調査して、それが素人ではなくプロによって書かれた文章かどうかを暴いたりも行っている。因みに、バルセロナにある我らのライバル校?IESE(イエセ)は、うちの学校(旧名:Institute de Empresa)を検索すると、必ずIESEのホームページも上位にランキングするように仕込んであるようだ。(実際にやってみると名称変更後のIE Business Schoolではまだ上位に出てこないが。因みにこのようなトリックは、うちの学校ではやっていないそうです。)

定量分析の先生は、ドイツテレコムという欧州で2番目に大きな電話会社の電話回線網の分析を行っている。これは、我々が授業で習った輸送モデルや作業分担モデルの応用で解決出来るそうだ。生徒に研究の協力を呼びかけたりもしており(成績には一切関係ないそうだが・・)、実際に授業でやる内容が実社会でどのように活かされているかを知るいいチャンスだと思う。

このように実際の企業で働いていたり、企業と提携して研究を行っている教授の授業は、時代を反映したコメントが多くとても実践的で話を聞いていても得るものが多い。話の中から「これは使える」と思うものを自分なりに応用することで、新たなビジネスモデル構築のチャンスも広がるし、授業への集中力も非常に高まる。これらの授業は期待以上に実践的なので大満足しています。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-25 20:16 | MBA 1st Term
病院
今日は海外初の病院へ。普段は風邪をひいても風邪薬を飲めば数日で回復するし、年に2・3回程度風邪っぽいなぁと思う程度だったが、マドリッド入りしてからはいつも風邪っぽく、咳もずっと止まらず少し気になっていた。

診断結果は、咳をしているのでやはり喉が腫れているそうだが、肺などに異常はないそうだ。なるべく咳をしないように努めること、毎日2リットルの水を飲むこと、そして処方薬を暫く飲むように言われた。とりあえず大事に至らなくてホッとしているが、まだまだ万全の状態からは程遠いので早く復活したいと思う。

私は三井住友海上の保険に入っているが、スペインには直接提携(保険会社と病院が直接やりとり)の病院がないので、仕方なく町にある普通の病院へ。そこで診断書や領収書を求めようとしたが、友人家族の行きつけの病院だったので診察料などは全て無料、1,000円程度の薬代だけの支払いで済んだ。担当医は白衣も着ておらず、明るいピンクのシャツに香水の匂いがプンプンするエレガントな50代女性。彼女からは「私が診断したら何でも発見できるわっ」というオーラが出ており、とてもアグレッシブな女性でした。日本では想像できないような担当医でしたが、これで完治すれば彼女に大感謝です。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-24 19:36 | その他
フライト
今日はAir Berlinというドイツの飛行機会社を利用したが、チェックインや機内サービスともに快適だった。(日本ではごく普通のサービスです。) 以前、スペイン最大手のイベリア航空を利用した時は、受付の態度、空港内の案内表示、機内サービス、どれも最低で二度と利用したくないと思った。

授業で「お客さんからのクレームにどう対応すべきか?」という話題になった時、ある教授が「手続きミスで座席確保(しかもビジネスクラス)が出来なかった際に出したイベリア航空へのクレーム」の話を思い出した。電話を掛けても一切相手にしてくれず、クレームを伝える手段はウェブサイトからのコメントのみ。仕方なくウェブから一部始終を説明しクレームを出したところ、一通の手紙が送られてきて「今後も引き続き最善の努力をしていきます。」という、ごく一般的な内容。手紙にサインや連絡先があるわけでもなく。教授は「クレームを出す手段と回答する手段は同じでないと不公平になる。(この場合、客にウェブでのコメントを求めるなら電子メールでの返信。) そうでなければ、そのクレームに対しての議論を続けられないから。」と言っていました。確かに、こっちはリアルタイムでクレームしてるのに、1ヵ月後に手紙が送られてくるだけでは納得できません。クレームの電話を掛けた際に、責任者がはっきりせず電話担当者が転々としている状況に似ていますね。

ところで、飛行機に乗る度に気になるのが搭乗の仕方。お年寄りや子供連れの人々の優先搭乗はいいとして、その後はどうして後方座席の人達から搭乗させないのだろうか。観察していると、こちらの人の大半は自分の座席にたどり着いたら通路を塞いだまま、自分の荷物やコート類を座席上の棚に入れている。それぞれがその作業を終えるまでは他の人はずーっと待っている。座席後方の人から優先搭乗させることで、5分いや10分の短縮ができるし、コスト削減にも繋がると思うのだが。
降機の際の通路争奪戦もこちらは酷い。飛行機が完全に止まってから5分近くはドアが開かないのに、窓際に座っている人まで通路へ出てきて自分の荷物を取り出している。全員が同じ目論見なので、結局は座席が前の人から順番に降りることになる。何かスムーズにいく方法はないものだろうか。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-23 23:15 | その他
今年最後の・・・
今日は朝から今年最後のグループワーク。年明け早々からグループレポート、プレゼン、個人レポートと4つほどイベントがあり、これまでよりも更に負荷が増すことをグループ内でも再認識。一同に怯えていたが、とりあえずグループ内で作業分担を行い先ほど解散した。私は全て終わるか既に微妙な状況です。うーん、ちょっと怖いがとにかく冬休みへ突入。メリハリつけてしっかりリフレッシュしたいと思います。
[PR]
by life-iedemadr | 2008-12-22 23:05 | MBA 1st Term