DCカード
昨日は持っているクレジットカード(DC)が利用できないとかで予想外にバタバタしてしまった。

日本行きのチケットで安いやつを見つけたので、オンラインで購入。その後、自動送信となっているフライト予定などが記載されたメールを受信。ここまでは、順調だった。ところがその後、クレジットカードが拒否されたという理由で支払いが完了してないとの旨のメールが。“大至急連絡を・・“と書いてあったのでそこにある番号に掛けようとするが、何故か私の携帯からは00800….という番号には掛からない。以前も同じようなことがあったことを思い出す。とっさに頭に浮かんだのがスカイプからの電話。以前に友人がスカイプを利用した電話は便利で安いと聞いていたので急いでプリペイドの支払いを済ませ、もう一度掛け直してみる。00800….“この番号は無効か掛けられない・・”という感じのメッセージが。一体この番号は何なのだろうか。(フリーダイヤル?)

その後、格闘すること10分少々。何とかスペインの窓口の電話番号を調べ出せたので、今度はそちら(+34 934…)へ電話。この番号は携帯からでも掛けられるのだが、せっかくプリペイドも購入したのでスカイプを利用した。予約番号などを伝え確認してもらうと、やはり「クレジットカードが無効なので他のクレジット番号を伝えて下さい。」と言われた。クレジットカードはJALカードの一枚しか持っていないので、誰かに借りるしかない。両親へ連絡しようと思ったが時間が気になったので、スペインの友人に借りることにした。本人確認などを済ませ待つこと数分。チケットが発行されたとのメールが入り少し肩を撫で下ろす。因みに、スカイプの一般電話への通話は音質もよくかなり便利でした。

一方で気になったのがどうして私のクレジットカードが使えないのか。実際にスカイプのプリペイド支払いも出来ているし、カードが無効になっているはずはない。確か以前は航空券20万以上の金額の時に同じように一度拒否されたが、今回は10万未満。これまで入金不足など一度も無いので限度額もそこそこ上がっていたと思うのだが。24時間対応していることを期待してDCカードへ電話してみたが、営業時間外だったのでまた改めて電話するしかない。そう言えば前にレストランでもカードが反応しないとか言われたことがあった。その時は現金を持っていたからよかったが、こんなことが頻繁に起こるのはちょっと困る。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-12-06 08:01 | その他
最終課題配付
今日は卒業試験の説明会があり、ついに卒業試験のケースが配付された。見てみると最近出来たばかりのケースでハイテク関連のストラテジー系。このFinalは20単位分に換算され評価も付けられるようだ。(ただし絶対評価とのこと。)

15分のプレゼン+5分間の質疑応答準備5ページ以内のサマリー提出が課題。少し気楽に構えていたが、プレゼン時間にはかなり厳格なようだし、質疑応答なども予測して準備する、1チーム2人の各々が7分30秒ずつしゃべるように・・・というように、かなり本気モードのようだ。因みに与えられたケースはIMBA(English)コースの学生は全員が同じものだった。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-12-05 03:20 | MBA 4-5th Term
卒業式の参加者
卒業生からの情報によると卒業式への参加者は大体7割といった感じのようだ。
卒業試験から10日近く空いてしまうので、その前に帰国したり旅行したりする人も多いらしい。私の周りを見ていても参加しないという人もいる。

それよりも両親が卒業式に参加する人も結構いる。ヨーロッパ圏内の学生なら分かるが、アメリカやブラジルから両親が来る学生もいる。自分の場合は、両親を呼ぶという発想があまりなかったのでこれには少し驚いた。我々の学校では生徒一人につき卒業式の招待券が二名分までもらえる。それ以上招待する場合は、他の学生から譲ってもらう旨のメールが学生課から届いていた。7枚必要とか言っている人もいたが家族で完全にお祭り騒ぎだ。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-12-04 20:00 | MBA 4-5th Term
最終授業
気がつけばもう12月。明日が私にとってMBA最後の授業になる。

明日は授業前にグループワークのレポートも提出しなければならないのだがこれが意外とスムーズに進んでいない。他のグループメイト2名は他の授業でのケース作成やベンチャーラボのプレゼン準備で忙しく、この最終レポートにあまり時間を掛けられなかった。今日の時点でも打ち合わせの時間が合わずにこれから行うことに。

そして明日はレポートに関するプレゼンも各グループで行うことになっている。ドラフトは作り終わっているが、これから最後の総仕上げをしなければならない。

MBA生活というのは最後までなかなか楽をさせてもらえないものだとつくづく思う。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-12-03 02:17 | MBA 4-5th Term
言い訳
この間あるスペイン人の友達と久々に会う約束をしていたのだが、結局は会えず。その日は彼は誕生日会などが入っていてかなり忙しそうだったので予期はしていたが。その言い訳が面白かった。

連絡が来たのは数日後。「山に行っていて火を起こしている最中に携帯が火の中に入ってしまい電話が壊れてしまった。だから連絡できなかった。」確かに彼はその日は山にある別荘に行くといっていたし、そこでキャンプファイアーか何かやっていたのだろう。ただ、“携帯が火の中に入って燃える”って確率かなり低いはず。だから、もっと上手な言い訳思いつかなかったのか?と完全に疑っていた。そのメールを他のスペインの友達に笑いながら見せたら、「前に私の父も同じように携帯を火の中に落として燃やしてしまった。だから、彼の言い訳は本当だと思う。」という回答が。疑った彼には悪いと反省しながらも、心の中でスペインでは山で火を扱うと携帯が燃える可能性大だという結論に至った。

彼はIEの学生ではないのだが、これまでも学校で色々な言い訳を聞いてきたことを思い出した。( )は、言い訳を聞いたときの私の反応。

朝のミーティングに来なかったIE学生

「隣人が3時頃まで大音量で音楽を流しており、警察を呼ぶ騒動になった。」
(5時まで起きてても普通に学校来る人は大勢いる。というより、社会人なら当たり前だ。)

グループ課題のメールに返信しなかった交換留学生
「この5日間、インターネットの調子が悪く学校のメールにアクセス不能となっていた。」
(この5日の間にも授業があったはずなのに一度も学校でメールチェックしないのか?というより、グループ課題がどうなっているか気にならないのだろうか。)

グループワークをやろうとしなかったIE学生
「私は他の課題も掛け持ちしているので忙しい。」
(周りも皆忙しいし、掛け持ちしてると思うけど。)

もっとビックリした言い訳があったと思うが今は思い出せない。考えてみると“インターネットの調子が悪い“や”携帯が壊れた“というのが、連絡できなかった理由で一番多い。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-12-02 09:04 | MBA 4-5th Term