夜のマドリッド
週末はずっと外出しておりバタバタしていた。

f0171157_9213659.jpg
マドリッドへの着陸準備態勢に入ったという機内アナウンスでふと目が覚めた。頭がまだボーっとしていた為か、外を見るとまだ海の上を飛んでいるような錯覚だった。マドリッドは海に囲まれているはずはないが・・・


f0171157_921506.jpg
写真では見づらいと思うが、街全体が明るいわけではなく街灯が塊となってポツポツと点在している。まるで海上の船の灯りのようだった。陸上だとはっきり認識したのは高速道路の灯りが見えてから。とても不思議な感じだった。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-11-23 09:23 | その他
卒業式まで
エレクティブの方も残り2週間ほどで終了となるが、卒業式などの情報がアナウンスされる機会が増えてきた。

卒業式は12月18日で、セレモニーには各自2名まで招待できるとのこと。それ以上招待する場合は他の人から余ったチケットを譲ってもらう必要があるようだ。学校に確認したら、セレモニー後の祝賀会のようなものは学校主催では行わないと言われた。つまり、クラス単位など、各自でパーティーをすることになりそうだ。

その前にクリアしなければならないのが卒業試験。卒業試験は2名1組でグループを組み、12月9日プレゼンテーションを行うことで終了となる。色々な情報を総合すると事前にケースを渡されそれに対してのプレゼンとのことだが、学校側からの連絡は「12月4日の16:00に詳細情報や教材を渡す」という事だけ。4日は金曜日なのでその週末はプレゼン準備で潰れるという事だけは予想できるが、課題の内容やテーマ(マーケティング、ファイナンス、オペレーション、ストラテジー?)は分かっていない。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-11-20 00:20 | MBA 4-5th Term
Japanese Dinner
f0171157_5445827.jpg昨日は念願だったクラス向けの日本食レストランでの夕食会を開催。5日前のアナウンスだったにも係わらず、22名が参加してくれた。以前に紹介した“花くら”(C/ Murillo 4)というレストランだったが、定番の寿司や刺身だけではなく、串揚げ・お好み焼き・焼肉などあまり馴染みのない日本食にも参加者はかなり興味を示していた。最後はお店のご好意でチャーハン、焼きうどん、中国酒などを提供していただき、参加者は大満足の様子だった。(日本人同期の方の“ネマワシ”のお陰で、価格もリーズナブルだった。)


f0171157_5454398.jpgこういったイベントでは参加人数の確定がキーとなる。なるべく参加確定者を事前に決定しておきたかったので、メールなどで再三の周知を行ったが日本のようにスムーズには行かない。(確かに日本人でも当日になって”行ける”とか携帯メールする人もいるが。。) 特にコアコース中であればクラスメイトの作業負荷は把握できるのだが、現在はエレクティブ中でスケジュールも各自がまちまち。更に今週はベンチャーラボの締め切りや中間テストなどスケジュール的に厳しい人もかなりいた。メールベースの参加表明という忠告を無視する人、当日になってキャンセルする人、参加するといいつつ来ない人、何の事前連絡も無く現れる勇者。それでも最大25名の所に22人だったので結果としてはOKだろう。


f0171157_5461770.jpg

←は、飲み放題オプションを選択したテーブル。私は付き合いでこちらのテーブルに座ったが、こんなに日本酒を飲んだのは初めて。トイレに行く時も帰りも千鳥足。


f0171157_5463942.jpg何はともあれ、こちらでは日本のプレゼンスの低さを感じる昨今、とりあえず参加者のクラスメートには“食の日本”をアピールすることが出来たと思う。日本食ツアーのニーズが高かったのでクラスの日本人同期の方とプレッシャーを感じつつも中々実施できずにいたが、これで少し肩の荷が降りた。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-11-18 05:50 | MBA 4-5th Term
海外への憧れ
海外に来て改めて実感するのは、日本を離れたからといって自分が本質的に変われるわけではないということ。(特に日本に居る時は、海外への憧れなどもあり、「向こうで自分を磨いてくる」、「違う世界で自分が変わる」・・・などをいう思いが強かった。そういう人も多いのではないだろうか。)

海外に行って仕事をしたり勉強したりすると自分を変えられるような気になる。だから今ある環境を捨てて、外へ出たいと切望する。環境を変えるという意味では、周囲が全て変化してしまうので自らがそれに順応していく必要がある。そういった観点で言えば、海外へ出ることは自分を変えるきっかけになるだろう。

ただし、自分の内面にあるものや性格的なもの(特に既に30歳前後で人間形成されている場合)は、本気で変えるつもりで自ら日々の行動や思考を変えてチャレンジしていかないと期待しているほどの変化は無いと思う。特にMBAなど取得を希望している人は、単に海外での生活を経験したいだけの理由の人は少ないと思うし、日本では体験できない何かしらが自分に起こる期待をして来ている筈だ。周りの人の成長を客観的に見ていてもそう感じることがよくある。

他力本願ではなく自力。期待が大きい人ほど行動しなくては駄目だ。。と私も自分に言い聞かせている。そして、未だに“期待していた自分”と“現在の自分”のギャップを測りながら、まだまだだと自分に叱咤激励する毎日だ。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-11-17 01:07 | MBA 4-5th Term
プレゼン終了
卒業試験前、最後のプレゼン(のはず)が終了。この授業は、偶然にも仲のいいクラスメイト2名が一緒だったので私を含め3名でグループを組んだ。それぞれアメリカ遠征やアムステルダム旅行、そして他クラスのグループワーク、ベンチャーラボ、就職活動など時間が限られた中での準備だった。

仲が良いだけに一度集まると近況報告や別の話に時間を費やしがちだが、一旦集中すると各自が作業分担をしっかりと認識してしっかりと結果を持ってくる。お互いの長所も短所も分かっているだけに、任せられる部分はお願いして自分がやるべき所は責任を持ちパフォーマンスを見せる。

彼らは手抜きをしないのでこちらも自然と気合が入る。授業の数分前まで編集作業に追われていたが、なんとか完成してプレゼンも無事に終了した。効率の良さにビックリした。彼らとは期末レポートでもう一度作業をすることになっているが、こちらも上手く行きそうだ。

卒業試験まで残り3週間。受講科目はいよいよ残り1科目となった。
[PR]
# by life-iedemadr | 2009-11-16 08:14 | MBA 4-5th Term