MBA受験の最初の一歩
合格後はMBA受験に対する執着心がかなり薄れてきているので、忘れる前に合格に至るまでの過程を書いておきたいと思う。

MBA受験を決意してからまず一番最初にやること、やるべきだと思う事はやはり受験対策をどのように行っていくかの決定である。予備校に通うのか、通信講座か、独学か。。。海外MBAを目指す場合は、これは大いに英語力によるだろう。大抵の人はMBA受験準備に50万~250万程度は掛かるし、その後の莫大な留学費用を考えると、私費留学生は極力安く抑えたいとはずだ。私も私費留学生としてなんとしても費用を抑えたかったのでとにかく評判や実際に行った人の感想などを調べまくった。f0171157_23122548.jpg
左の写真は、私が予備校通いを決定する前に調査したものです。
多過ぎますか、少ないでしょうか?
個人的には、時間が掛かりましたが徹底的に調べて良かったと思っています。
ご承知の通りMBA予備校はかなり高価ですし、成功・失敗に係わらずある程度は通わないと結果が分からないので、”時間+お金との戦い”である社会人の私にとってこの予備校選びの失敗は許されないと考えていたからです。

そして結果的に素晴らしい先生に出会い受験をクリアしました。

私の選択した予備校に関してはまた詳しく書きたいと思います。
[PR]
# by life-iedemadr | 2008-06-15 23:31 | MBA受験
今週も相場は↑↓か?
海外留学するうえでずーっと気になっていること。それは為替の動向だ。
特に欧州へ留学する人はユーロやポンド高で負担が更に増えている。私も注意して見てはいるが今年初めの円高151円/ユーロで喜んでいたのもつかの間、既に164円付近まで値を戻してきた。最近は、原油の高騰も異常事態になっており、バレル当たりは200ドル、日本のガソリン価格もレギュラーが200円/lとの声も聞こえている・・・

続きを読む
[PR]
# by life-iedemadr | 2008-05-28 01:09 | 為替
Career Design Seminar
本日AXIOMの海外MBA合格者向けCareerDesignSeminarに参加。
代表の渡邊氏によるセミナーであったが、期待以上に収穫の多いものだった。

過去30年間のMBA留学生の推移やキャリア志向の変遷など、MBAホルダー達に近い立場で就職斡旋を行ってこられた方ならではの生きた話である。
留学前から就職の話は早いと思う方もいるだろうが、やはり成功者と言うのは早い段階から現実を捉えつつ自分の目標に向かっているものだと考えさせられた。

MBA学生の過渡期と言われた年代もあったようだが、2005年以降MBAの需要はまた徐々に高くなっているようでこの道を選んで良かったと思えた事も今日の収穫だった。

一番印象に残った言葉は「あなた方は普通の大学院生になるのではなく、プロフェッショナルスクールへ通うのだ」といわれた事。日本MBAは少し方向性が違うようだが、欧米のMBAではやはり企業ニーズに合わせたプロを作り出す場であり、授業を聞いて知識を得るように学びに行っている感覚では全く通用せず、自分で動き自分の頭を使えと言われた。
MBA受験でも相当苦労したが、MBA生活自体はその比ではないと、改めて気合を注入された気がした。

給料を本気でこれまでの80倍にするつもりで来ている学生達に混じり、良い成績を取るのは至難の業だがチャレンジしたいと思う。
[PR]
# by life-iedemadr | 2008-05-24 21:03
今日から俺は
2008年9月からMBAプログラムに参加することになりました。これまで色々とありましたが、記録として少しずつ書き綴って行こうと思います。
[PR]
# by life-iedemadr | 2008-05-20 16:02